色々な制度の説明

UR賃貸では、色々な制度があり、上手に活用するとさらに安くお部屋を借りることができます。

ここではそれらの制度についてご紹介したいと思います。

まず「フリーレント」という制度があります。

関連リンク=>http://www.homes.co.jp/article/chintai/chintai_003/

これは、サービス期間中に契約をされた方に、それぞれの物件に合わせて1か月家賃が無料になったり、または場所によっては3か月無料になるという制度です。

しかし条件がありまして、1か月無料の場合は、契約は1年以上、2か月無料の場合は契約は2年以上しなければなりません。

もし途中解約をされた場合は、無料になっていた分の家賃を支払わなければなりません。

次に「URライト(定期借家)」についてご説明いたしましょう。

これは契約期間があらかじめ決められているもので、1年なら1年で自動的に契約解約という制度です。

短期間のみの利用があらかじめ分かっている場合は、この制度を活用したほうが、通常に借りる時の家賃より安くすることが出来るでしょう。

また「マルチハビテーション」というものがあり、これはセカンドハウスとしてUR賃貸で部屋を借りるという制度です。

自分の持家があるものの、週末は海の側で過ごしたい、または自分のアトリエを持ちたい、もしくは職場の近くに一件部屋を借りておいて、帰宅が遅くなった場合はそこに泊まるといった使い方もあります。

さらには「家賃などの一時払い制度」というものがあって、これは一気に家賃や共益費をまとめて払うことで、通常より安い費用で借りれるという制度があります。