UR賃貸でハウスシェアリングする

今、お友達同士でお部屋を一緒に借りるハウスシェアリングが流行っていますよね。

もう都内ではそういうマンションやお部屋もめずらしくなくなってきたくらい、定番になっている所もあります。

そしてUR賃貸をハウスシェアリングすることも出来るようにもなっています。

しかしUR賃貸では以下の条件があります。

例えば個室が2部屋ある場合は2人で住み、3部屋ある場合は3人で住み、部屋の数以上の人たちが住むことは出来ません。

また契約時のメンバーを後日変えることはできません。

3人の中の1人が出ていくことは出来ますが、その変わりに新しいメンバーを加えるということは出来ません。

それで契約の時は、部屋に住む人すべての名前を書き、みなが契約名義人になることになります。

窓口にもメンバーがそろって申込みを出しに行かなくてはいけません。

以上の点を守ってシェアリングをしましょう。

では実際にどんな風に住むことが出来るかと言いますと、大学生たち3人が3LDKのお部屋を借りるとしましょう。

都内へのアクセスが便利な所で借りるとして家賃が16万円の場合、3人で割れば一人5万ちょっとでお部屋を借りることができます。

ハウスシェアリングをするメリットは、素敵なお部屋に手ごろな値段で住むことができること、また友達と楽しくワイワイすることが出来ること、また安全安心であることという点が挙げられるでしょう。

大学生が借りるのもよし、社会人が会社の近くに借りるのもよし、UR賃貸は使い方次第では便利でお得です。

記事ピックアップ・・・→シェアハウスは「寄宿舎」だけど、ルームシェアは「寄宿舎」ではない。